東北支部の事業計画(基本方針)

〇「令和元年度事業計画基本方針.pdf」 の印刷はこちらをご利用ください。

 

    ※事業計画の詳細はサイドバーメニューの「事業計画(項目別)」をご覧ください。

 

 

 令和元年度事業計画 基本方針

 

 一般社団法人日本電気協会は, 電気事業の発展, 産業の振興, 文化の発展に寄与する
ことを目的として, 電気安全・保安確保の推進や電気技術・規格の調査・研究, 優れた
電気技術者の育成,電気知識の普及・啓発, 新聞や出版物発行など様々な事業活動を通じ
て, 社会の発展に貢献してきている。


 令和元年度も,「安全で利便性の高い電気の普及によって社会・経済の発展を支える」
という当協会の使命を果たすため,社会の負託に応える事業を進めていく。


 また,電力自由化の一層の進展による厳しい競争環境下においても,地球環境問題へ
の対応や原子力発電所の再稼働・廃炉に向けて正確な情報発信や理解拡大に取り組んで
いく。


 このような状況の中で,当協会東北支部は引き続き次世代へ事業継承していくことに
加え,全てのインフラのベースとしての電気の役割を自覚し,激甚化する災害へのリス
ク対応の重要性について啓蒙していくことが重要であると捉える。


 以上を踏まえ,令和元年度の活動は以下の4点を力点とする。

1.電気安全・保安確保の推進に資する優れた人財の育成や技術継承を図るため,各種
 表彰や講習会事業を着実に実施する。

2.電力の安定供給の重要性,日本のエネルギー事情と電力供給システムの特性,原子
 力発電所の再稼働・廃炉に向けた安全性向上対策の取組みなど,社会の関心に応える
 丁寧な理解活動を行う。

3.東北の復興や産業振興に貢献する情報発信を,関係機関の協力を得ながら実施する。

4.会員ニーズを正確に把握し,事業活動の中で具体化することにより,会員満足度の
向上および新規会員の獲得拡大を目指す。